40歳になっても散財するクセが直りません。どうすればいい?

 

●質問
40歳になっても散財するクセが直りません。わたしはバツイチ子持ちなので、子どもの将来を考えると貯金しなくてはと思うのですが、貯金できません。なので、週に2回、熟女デリでバイトしています(副業)。でも、デリもそう長く続けられないと思い焦っています。わたしはどうすればいいのでしょうか?(40歳・福岡県)

●回答
いますよね、40歳になっても50歳になっても貯金体質になれない人って。そういう人たちは、見ていたら、貯金せざるをえない状況に追い込まれないと貯金しないです。
なので、1つ目の答えは、どうしても貯金しないと飢え死んでしまう状況になれば、自然と貯金体質になるから、まあ、焦らなくていいです、というものです。だってそうでしょ? 人って、長年じぶんに染みついている自分の性格って変えられないでしょう?

2つ目。もう貯金なんかしないと割り切ってしまうことです。割り切った女性の中には、50歳を過ぎてスナックでバイトしはじめた人がいます。立派だなあと思います。貯金しないと決めるということは死ぬまで働くと決めるということでしょう? であれば、自分にとって精神的肉体的にさほど負担にならない仕事で、長く続けられそうな仕事を今のうちから探してやっておくというのは、非常に有効な手段ですよね。

3つ目。そのうち彼氏ができて、経済的な面倒を見てくれるから、そう心配することないです、という答え。
男女の恋愛でおもしろいのは、男はお金がないとそもそも恋愛できないですよね。若いとお金がなくてもどうにかなるのかもしれないけど、40歳も超えたら、金を持っていないと女性に見向きもされないのが現実でしょう?
対して女性は……離婚してシングルマザーで、仕事はパートで、子どもがいて、とてもじゃないけど毎月貯金にまわすお金などないし、離婚時にあった貯金はすでに使い果たしたという人であっても、金持ち男性と付き合って(場合によっては結婚して)、「じゃっ!」という感じで高級マンションに引っ越していくではありませんか!

貯金体質になんかならなくても、女性はどうにかなる確率が高い――僕が見聞きした中では、これは真実です。
ファイナンシャルプランナーが決して書かないことをお届けしました。よかったら生きる参考にしてみてください。