人妻系風俗で「がんばる」とはどういう努力のこと?

a0002_006775

人妻系の風俗店で「わたし、がんばっているのに稼げない」……こんな相談を、風俗嬢から受ける男子スタッフがいるそうです。

「はい、あなたはがんばってますね、引き続きこのままがんばると稼げるようになりますよ」なんてスタッフが言うのであれば、当然、こういう記事を書く必要がないわけでして……。 今回は人妻系風俗嬢が「がんばる」とは、どういうことなのか? について見ていきます。

■NG項目が多すぎると・・・ がんばっているのに稼げないオトナ女子の特徴のひとつは「NG項目が多い」ということなんだそうです。 たとえば……バイブNG、ローターNG、オナニー見せNG……というかんじでNG項目が多いのです。

で、それで稼げないとなると、とたんに「NG項目を減らして、アナルのみNGにします、あとは全部OKです」なんてことをスタッフに言ってくるのだとか。 そう言われたスタッフは「なら、最初からアナルのみNG、あとは全部OKで、がんばればよかったじゃないか」と思うんだそうです。 で、多くのNGを解除したら、そのオトナ女子は稼げるようになるかといえば、そうでもない……こういうオチがつきます。

■入店当初が大切らしいです ある風俗店のスタッフによると、新人さんが入店すると、それなりにネットなどを使って、その人妻を宣伝するんだそうです。 宣伝すれば、それなりにお客さんに注目されて、稼げます。新人さんを稼がせるというのも、お店にとって重要な仕事なのです。 その「最初の1歩」のときに、たとえばアナルのみNGというように「最低限、できないこと」だけをNGにして、あとのことは、それこそ「がんばって」やる……こういう気持ちがないと稼げないのでは? とのことです。

***

あれもダメ、これもダメという「条件」が多ければ多いほど、「楽して稼ぎたいオトナ女子」というふうにスタッフは感じているかもしれない、ということです。 風俗のお仕事において、女性みずからがNG項目を申告するのは、当然といえば当然かもしれません。自分のカラダですから、「これはできません、あれもできません」と思って当然かもしれない。 でも、風俗のお仕事の基本は、サービスであり接客です。 サービス業や接客業の原点に立ち返ったとき、「なにをOKにして、なにをNGにするべきなのか」が見えてくるでしょう。 どんなお仕事でも、サービス精神があれば、それなりに稼げます。

「がんばる」というのは、サービス精神の量が多い、ということなのではないでしょうか。