夜にスナックでアルバイト・・・その時、子どもはどこに預ける?

a0002_006308
お子さんが小さいと、子どもをどこかに預けて、夜のお仕事に向かうしかありませんよね。 今回は「どこに子どもを預けているのか?」いくつかの実例を挙げながら、子どもと夜のお仕事について見ていきたいと思います。

■深夜もやっている認可外保育園 深夜もやっている認可外保育園に子どもを預けている女性もいます。 ご存知のとおり、夜間の認可外保育園は、安くても月に10万円以上するので、お母さんは大変です。 10万円を支払ってでも、まだワリに合う夜のお仕事をするしかありません。 だからたとえば、キャバクラでバイトをして、無理してお酒を飲んで売り上げを作って……という感じで、無理に無理を重ねている人も多いようです。

■夜のお仕事を我慢してきた女性もいます たとえば45歳のお母さんで、お子さんが成人しているケース……こういうケースはなにも問題がないでしょう。 そういう女性にお話を聞くと「子どもが大きくなるまで、夜のお仕事をしたかったけど我慢してやらなかった」と言います。 まぁ、夜のお仕事以外の仕事で、がんばって働いてきたのでしょう。 ■実家に預ける 小さなお子さんを実家に預ける……こういうケースも、わりとよく聞きます。 実家の親がどう思っているのかはさまざまでしょうけど、一般的に見れば無難なケース、といえるかもしれません。 *** 無理に無理を重ねて、費用がかさむ夜の認可外保育園に子どもを預けるしかないケースでは、無理が続かず、結局、昼間の稼げる仕事(たとえば生保レディ)などに転職する女性もいます。 それぞれの家庭の事情や、それぞれの女性の考え方にもよりますが、一般的には無理はそう長くは続かないので、昼間の仕事を選んだほうが無難といえば無難でしょう。 しかし、無理をしている途中で、いわゆる「あしながおじさん が現れて、あなたの生活をまるごと受け入れてくれることもあるでしょう。 つまり無理を承知で始めたことが、おもわぬドラマを呼び寄せて、人生が好転することだってあるでしょう。もちろん、あしながおじさんの出現によって、人生が好転ではなく暗転することもあるわけですが。 お子さんと仕事の問題……これは現実的な「物理的な限界」と、あなたのやりたいこと、この2つをギリギリまで考えることで、あなたらしい答えが出てくる……そしてそれがベストな答えではないとしても、あなたらしい答えであるがゆえに、意外な協力者が出てくる。 楽観的にすぎる意見かもしれませんが、何人もの女性を見てきて、こんなふうに感じます。

新宿 メンズエステ求人