【熟女のお悩み相談室】エッチの時「生理的に無理」と思ってしまう熟女の言動

熟女デリで働いている人がよくわかっているかもしれないことに、男って失礼、というのがあると思います。
いわゆる「チェンジ」とか、チェンジしないまでも、あからさまに「タイプじゃないんだよね」みたいな顔をされたり……みたいなことって、デリヘルで働いていたら1度や2度は経験したことがあるのでは?
で、ですね、男のそういうところだけを見ていたら、女性として病んできますよね。
ほとんど病んでると言っても過言ではない男に、病ませられる、というのも癪でしょうから、今回は、男のホントのホンネについてお届けしたいと思います。

■男は自分が選べる立場にいないことをわかっている
男って、自分が女性を選べる立場にいないとわかっています。これ、男の本音を理解するうえですごく大切なことです。
男は熟女デリでお金を払って、遊ぶ女性をみずから選んでいるにもかかわらず、選べる立場にいないとはどういうことか?

「お金を払う時点で、もう負けている」と、自分でわかっているということです。「お金を払う人=お金をもらう人よりも立場が下」と思っているんです。

たとえば、熟女デリでもキャバクラでもスナックでもいいんですが、「まあまあタイプ~あまりタイプではない女性」が来たとします。
で、チェンジする男もいます。が、わりと多くの男性はチェンジしないでそのまま流れに任せます。それが遊びのマナーだとわかっているから、という理由もあります。
男の好みの範囲は女性が思っているよりも広い、という理由もあります。

で、「まあまあタイプ~あまりタイプではない女性」と話をしたりエロいことをやっているうちに、その女性のことを好きになってしまうことがしばしばあります。
ごくまれにあるのではなくて、しばしばあります。
これ、なにも好きになろうと自己洗脳したから、ではないんですよね。

■平気でチェンジする男性の心理
男は、ルックスやスタイルが「まあまあタイプ~あまりタイプではない女性」であっても、自分によくしてくれる女性に気持ちがなびくんです。それだけの理由なんです。

なので、男性が「生理的に無理」と思う女性は、あからさまにお客様差別する女性です。デリヘルでも、流れ作業みたいにしれっとプレイする女性のことは、もう無理です。どんなにスタイルやルックスが好みでも無理。自分によくしてくれないから、生理的に無理なんです。

「まあまあタイプ~あまりタイプではない女性」であっても、旧友のように自分によくしてくれたなら……男はその女性のことを大好きになります。
「おれは女性を選べる立場にない。ヤラせてくれるかどうかは、女性に選択権がある」と思っているからこそ、そういう女性に気持ちが向くんです。

冒頭の「チェンジ問題」に戻ると、おれより立派な、しかも選択権をたくさん持っているのが女なのだから、チェンジしても別にいいだろう。おれのほうが立場が弱いのだから――熟女デリでチェンジする男性って、こう思っているんです。
つまりハナから人間として負けているんです。