【熟女のお悩み相談室】好きになってくれた人を好きになる方法

Q.
わたしのことを好きになってくれた人のことを、いまいち好きになれません。なので、いっつも自分から好きになった男性を追いかけてばかりいます。が、追いかけても付き合ってくれないか、数ヵ月エッチしたら捨てられてしまいます。
好きになってくれた人を好きになる方法があれば教えてください。わたしのことを好きじゃない男性を追いかけるのに疲れました。(37歳・熟女デリ)

A.
この手の相談を受けるたびに、ぼくはキャバ嬢と客(33歳・サラリーマン)の恋愛を想像してしまいます。
あるキャバ嬢のことがすごく好きなお客さんがいて、それはどれくらい好きかといえば、もう雑誌のグラビアとか美少女アニメなんかで見て恋い焦がれているくらい好きで憧れていて、ほとんど毎晩のようにそのキャバ嬢に会いにキャバクラに通うわけです。
でも彼女のほうは、彼のことをお客さんとしか思っておらず(あるいは歩くATMくらいにしか思ってなくて)、彼女はほかの男子のことが好き。
ほかの男子とは、たとえばキャバと掛け持ちでバイトしているラーメン屋のキッチンのリーダーの男子(24歳・イケメン・大型スクーターに乗っている)で、その男子は彼女にまったく興味がなく、ほかの女子のことが好き、みたいな。

とくに若いうちは、好きのすれ違いみたいなのって、わりとよくある話で、あなたのように30代後半になっても、そういうのをずっと引きずっているというのも、よくある話でしょう。

さて、どうしたものか?
ぼくはこういうのを、憧れにヤラれている状況、と、ごくシンプルに考えます。自分が好きな人に憧れていて、その人のリアルな実態をありのままに見れていない状況だ、ということです。自分が好きな人のリアルな実態を、すごく美化して見ていて、自分のことを好きになってくれる人の実態を「下」に見ている……みたいなことです。

なので、いろんな物事をありのまま見るクセをつけてみるといいです。
憧れている人の実態って、わりとなんでもないごく普通のものだったりするし(場合によってはガッカリすることもあるし)、あなたのことが好きな彼の実態って、あなたが思っているほど悪くはないものです。

ま、ビートルズに憧れて、45歳までバイトオンリーで音楽を続けていて、それでもいまだにビートルズに「憧れている」人が、悪いとは思わないけど、どこかしらアンバランスな生き方に見えるし、そういう人がつくる音楽も、どこかしらアンバランスに聞こえるのですが、まああれですね、憧れと上手に付き合うのって、ホントむずかしいですよね。